スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エターナルサンシャイン】 

  • 2005/05/20(金) 10:09:56

【エターナルサンシャイン】 監督 ミシェル・ゴンドリー
エターナル・サンシャイン エターナル・サンシャイン

総合     ★★★★☆
意外度    ★★★★★
胸キュン度  ★★★★☆

この映画はちょっと前に見に行ったので細かいことはおいといて


カエル君の「エターナルサンシャイン見に行きたい」との一言で仕事帰りに見に行きました。
今までの記事からもわかるようにワタシはあまり積極性のある人間ではありません。
こと、映画、音楽に関してはほぼ自分から買いに出ようとか見に行こうとかしないんですね。
テレビでしてれは見るし、聴くのですが…

なので情報にもとても疎いです。
見に行くまでどんな映画か知りませんでした。

誘ってくれたカエル君に感謝

久々に映画館でいい映画を見ました。

自分の記憶をもう一度体験するなんて不思議。
ワタシはすぐ物事を忘れていってしまい、いいこともあれば、悪いことも多い
コンプレックスの一つです。

幸いワタシは大きな何かをなくした経験がありません。
友人と喧嘩別れしたことくらい。
告白してふられたとかはもともと自分のものじゃないからなくしたうちに入らないし…。
忘れられない人は辛いんだな。
ましてや、この主人公は、かんっぺきに忘れられて(記憶を消されて)仲直りするすべもない。
その上男までいる……

カエル君はワタシよりずっと記憶力がいい。
ワタシはすぐ忘れて(マンが読むと忘れちゃうのね)別の話をしだす。
で、いっつも怒らせちゃうんだね~
でも仲直りできるから全然平気。
仲直りできなくなったら……ワタシも記憶を消したくなるな。

そう思って主人公は自分の彼女の記憶を消しにラクーナ社に行くんですね。
消したい記憶を追体験していって、消しゴムで消すみたいに消えていっちゃう。

しかしいざ消すとなるとビビッちゃう。
だって悪いことばかりじゃないモンね~もったいない…
何とか消されないように奮闘するんですが……

見所は脳内を2人で逃亡しはじめる所。
「室内の雨の感じや、子供の主人公が自転車のサドルを袖で拭く描写は最高」カエル談
主人公の昔の記憶がワタシ、観客にとっても懐かしい映像で、1つ1つのしぐさにキュンとなりました
その中で彼女のことをどんどん好きになって無くしたくなくなってくる。ドキドキします。

この映画はとてもよく練られていて。9の形になっています(一部ループしている)
はじめは「何モンだ?イライジャ・ウッド…」と思うことも後からだんだんわかってきておもろ~です。

久々に恋愛ものでカンド-しました


でも残念なのが、終わった後に隣に座っていた女子が「え~ぜんぜん意味わかんなかった。1000円の日でよかったね~」と話していた事。
面白くないなら、その人の感性だからしょうがないけど…わかんないって何よ…!ウキ-!!!
カエル君憤慨。「映画なんて作れねージャン」
まぁ、うちの母はロードオブザリング?でわからん(どこが?)言ってたからそういう人もいるんだけど…
悲しくなるわ…

スポンサーサイト

【ユグドラシル】BUMP OF CHICKEN

  • 2005/05/11(水) 10:08:33

【ユグドラシル】BUMP OF CHICKEN 

ユグドラシル BUMP OF CHICKEN

曲名リスト

1. asgard
2. オンリー ロンリー グローリー (アルバムエディット)
3. 乗車権
4. ギルド
5. embrace
6. sailing day
7. 同じドアをくぐれたら
8. 車輪の唄
9. スノースマイル
10. レム
11. fire sign
12. 太陽
13. ロストマン
14. midgard

Amazonで詳しく見る by G-Tools


総合      ★★★☆☆
おもしろ度   ★★☆☆☆
歌詞イイ!度  ★★★★☆


ワタシはバンプが好きです。 【THE LIVING DEAD】を友人に借りてから藤原君の歌声にメロメロです
前作【jupiter】から彼らの音楽は変わったと思いません?
クオリティがあがったのはもちろんですが…なんか素朴さがなくなったんですよね。
今作【ユグドラシル】はさらに拍車がかかったような。
相変わらず藤原君の声も歌詞も曲もいいんですが…。ちょっと万人受けするものになっていったような…。
なんでとっても聴きやすいです。(前から聴きやすいんですがね)

私の中では【THE LIVING DEAD】が一番ですね
荒削りなのが良いです。
演奏は上達しましたよね
昔は荒削りでうまくなくて…でも親近感の沸くような音でしたが、今はなんかうまくまとまりすぎてて面白くない
演奏もテクも録音の仕方も格段によくなっているんでしょうが、遊びがない、余裕がない。
音楽は好きです。相変わらず恥ずかしいほどまっすぐな音楽です。
こんなまっすぐな歌詞と曲がかけるなんて尊敬
かかってるとついつい口づさんでしまうんですよね~

【4. ギルド】
「人間という仕事を~首になって~どのくらいだ~」ってとこが好き
音程リズムがね。癖になる。
あと「その場しのぎで笑って、鏡の前で泣いて。当たり前だろ隠してたら気付かれないだろ」って歌詞にうなづき。
気付いて欲しいよなぁ…と思うよねぇ。
歌詞がさ、残るんですよね。後々口づさんでしまう。
【7. 同じドアをくぐれたら】
この曲はどこでも誉められてますね。
バンプ!ってかんじします。これこそ!!!
歌詞もメロディーも大好きです。すっごいドキドキする。何かやらなきゃ!と焦る気持ちも出てきます。このワクワク感を感じさせる音楽は少ないんですよね。
パット浮かぶのはNATUMEN(ナツメン)くらい。
NATUMENはボーカルないんで、こうやってじっくり曲と歌詞で聴かせるのはバンプくらい。(あまり歌もの聴かないんで)
【11. fire sign】 
さわやかさわやか
やってやるぜ~頑張れよーって曲。

だいたい好きだからこれってものが……
ま、チトまっすぐすぎて恥ずかしいけど元気がでてくるアルバムです

【epitaph】kazumasa hasimoto

  • 2005/05/10(火) 10:04:12

【epitaph】kazumasa hashimoto  
kazumasahashimotoe.jpg


1.beginning
2.echomoo
3.-1°
4.SLD
5.eama gene
6.-2°
7.pulcinella
8.-3°
9.epitaph
10.-4°
11.ending
i_b_next.gif


さんぽ行きたい~桜並木を歩きたい~日本っていいなぁ
このアルバムは1番好きですね

去年のクリスマスカエル君からいただきました
だからというわけではありません。
カエル君はCDをプレゼントするのが好きなんで、いただいたCDはたくさんあります。
その中でもピカイチ

癒し系という言葉はあまりすきではないんですが、そういわれる音楽は好きです。
これが一番癒された(たいして聴いてないですが)
室内音楽って感じで、とっても身近に感じる音楽です。

高木正勝好きにはたまんないかも
(ただワタシが正勝好きで橋本さんにもはまっただけなんですが…)

 「高木正勝の方が音は面白い」←カエル談
たしかにそうなんですが、こっちの方が落ち着いて聴けるんです。

ピアノの音が好きでエレクトロニックな音楽が好きな人は必聴です

特にすきなのは【2.echomoo】
日本的なリズムにメロディー。桜を思い浮かばせる音楽です。
昔ワタシはいつも着物を着て、下駄を履いて近所をウロウロする子供だったんです。
そのとき『下駄子ちゃん』って呼ばれていました。
そんな日々を思い出しますね。
日常の幸せを感じます。最近嫌な事件事故が多いので毎日のように聞いてるかも。
【6.-2”】
2と同じようなピアノの感じです。跳ねてるような弾き方のテンポの良い音楽です。
時代はまったく変わり中世ヨーロッパのおもちゃの国みたいな…
RPGでこんな音楽あったな
【7.pulcinella】
海の底に沈んでしまったようです。
暗い暗い海の底。水面を見上げるとかすかに光がキラキラ揺らめいている。…そんな気分になります。
低音が暗闇を、ピアノが光をあらわしているかのよう

全体的にキラキラしてて優しい音楽です。
ぐっすり寝たいときにはオススメ

よかったら公式ページで【1.beginning】の頭だけ試聴できるのでどうぞ
i_b_next.gif
kazumasa hasimoto web 公式ページ

5/4 【きのうよリワクワクしてきた】+フリマ

  • 2005/05/04(水) 10:01:22



疲れた
せっかく2人で行ったのに
フリマでは収穫はカバンくらい…
正直しんどかったす。


フリマをでてから万博内の民族博物館に行きました。
ちょうど『きのうよりワクワクしてきた』展をしていたので覗いてみました。
中はリサイクル用品をブリコサージュ(ありあわせのもので作ること)した作品がズラリ
これが結構面白い。

いつもは一人でバイクに乗ってフリマに行くのですが今日はカエル君といきました
…なんで電車を乗り継いでいくわけですが、これがまた金がかかる…交通費2000円くらいかけてフリマに行きましたよ

いやな予感はしてたんですがね…
空はピーカンなんですが、GW…3連休全日開催フリマ…
わかってはいたんです。3日間300ブース…そんなに出すやつおるんかいな
やっぱりガラガラ。入場料が100円割引になるくらいですよ
交通費返せ-
 

色々なリサイクル用品が多分『部屋』とか『家』とかをテーマにしているんだと思いますが、そういった作品としてリサイクルされていました。
空き缶の家、新聞紙の家なんかもありました。
面白いのは、いじって、触って、体験できる。とこですね

『部屋』や『家』の中には入ることはモチロン(一部立ち入り禁止アリ)椅子に座ったり、散らばってる書類や写真を拾ってみたり楽器らしきものの音を出したり……
ホントにワクワクしました
フリマだけでは消化不良になりそうなところだったのですがこれのおかげで満足満足です


ちなみにこの日のアーチストのイベントは『珍しいキノコ舞踊団』でした。
「結構有名だよ」とカエル君……はじめてきいた


このイベント初めのほうはずっと6人の女性がウネウネしているだけなんでちょっと退屈。眠くなっちゃいました。
ここで見ている人が離れて行っちゃったんでもちっと前半短くするとパフォーマンス的には見やすい。
一応パフォーマンスをするとパンフレットに書いてあるのだから、お客さんを退屈させるようなものだとちょっと…
後半は激しく動いていて楽しかったのですが、結局は最後までウネウネしているだけで見所が……。
ダンスのことはわかりませんけど。パフォーマンスというならちと、見所が欲しいですね。
女の子は可愛かったです。
今でもじっくり思い出すことができるので面白いものであったと思います。満足してますし。

今日はこの展覧会のおかげで楽しく過ごせましたね!

【uramado(ウラマド) #】

  • 2005/05/01(日) 09:57:33

uramado(ウラマド) #8
4/30大阪2LINE(セカンドライン)にてライブイベントに行ってきました。
そうそうライブに行くほうではないので2LINEは1年ぶりです。
1年前のウラマド以来。
イベントは京都のオールナイトの(名前忘れた)ものから一ヶ月ぶりです。

出演者はthe chef cooks me、ha-gakure、RAYMOND TEAM、二階堂 和美、middle9。
去年はNATUMENを目当てに行ったのですが、今年はカエル君が二階堂和美を見たいというのでついていきました。
始めはあまりのり気ではなかったのですが、やはり爆音を聞くとテンションあがりますな。


一番手はthe chef cooks me
イメージはスーパーカーですが、スーパーカーよりかっこいいかも。
好み的にはもちっと電子音がほしいところですかね。頭とケツしか聞こえない曲とかあったので。
ま、ライブなんで音源聞いたらまた違うかもしれませんね。
スーパーカーのように脱力~という感じではなく、のりやすい感じです。
1パツ目にはもってこいかな。


次はha-gakure
初めてみたんで「ギター侍か?」と思ったんですが、カエルの「『葉隠』って武士道の書物の名前でしょ」という話に着物で出てくるボーカル(Voのみ着物)に納得。
しかし着物着なきゃもっと人気でそうな…
トラックはメチャメチャ好みなんです。ものごっつい!
Voが……。PAの仕事の具合かもしれませんがトラックはすごく重くてメロディアスでカッコイインですが、Voの声がちょっと軽いんですよね。かみ合ってないんです。
メロディにのせて歌うところはバッチリあっててカッチョイイんですがラップで歌ってるところが微妙。
「こういうトラックにラップをのせるところがこの人たちのうりでしょ」「でもラップにするより歌ってたほうがいいけど。歌にすると伝えられる情報量が減るのかなぁ」…とカエル君。
ラップはブルーハーブを、歌詞はバンプを思い出しました。

3番手…に行く前、転換の間にイルリメ発見!俄然テンションのあがるカエル!
二階堂和美を知ったのはイルリメとセッションしてたからなんで、2人で異様なテンションに…


3番手はRAYMOND TEAM
うーん南国に行きたい。それが無理なら車で海に行きたい。
去年別のイベントで聴いていたんですがいまいち覚えていませんでしたが。
ちゃんと聴くといいじゃん
3ギターで前にベースもいるからなんか多!って感じなんですが。パートわけは出来てるしちゃんと音がききわけられる!(初心者にはむずいんですよ)
新曲はノリノリ
Voの声は優しくてエロい。ゾクゾクってしちゃう声です


さてさてお待ちかねの二階堂 和美
あぁいい。田舎帰りたい。好きな人に会いたい。
一番前中央に陣取ってノリノリのワタシ。(ノリノリになるような曲でもないんですが)
素敵でした。かっこいい。
ギターの弾き語りで鬼のような形相で歌う二階堂和美…いっちゃってるよ。
でも歌い終わるとニッコリ!超可愛い。
で………でたー!イルリメ!オールナイトのイベントがあるってのにこっちにきちゃうなんて…ちゃっかり宣伝しちゃってさ。
CDに入ってた曲ともう一曲2人で歌ってノリノリ。
『恋』や『せつなさ』を思い出すライブでした。


ラスト!middle9
ごめん。燃え尽きちゃってた…。
「去年よりずっといいよ。音に重みが出てきて、ジャムセッションバンド(?)みたい。これでベースがもうちょっとグルーヴィでファンキー(笑)だとよいのに」カエル談
なんか聴いててROVOが聴きたくなっちゃたんですよね。
しかし、トランスするのか~…ってとこでしないからものたんなく感じちゃう。

まぁ、こんな感じ。参考にはなんないでしょうが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。