スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転換期の作法

  • 2005/10/09(日) 23:59:32

転換期の作法
国立国際美術館
2005年8月2日(火)~10月10日(月・祝)

ボロフェスタでつらい体を押し、終わりギリギリに行ってきました。

紹介文
20世紀末から21世紀初頭にかけてまさに激動の時代を体験している、中東欧地域(ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハン ガリー)の現代美術を紹介することが本展覧会の目的です。これまでにも、この地域の現代美術を含む展覧会は開催されたことがありますが、主として90年代 以降に焦点を絞った本展覧会は日本で初めての試みです。

現代美術は久々です。
なぜか。ワタシ写真が苦手なんです。どう見たらいいのかわからん…<(>o<)>
映画のフレームみたいなものなようで全然違うもの。
何がよくて何がうまくないんだろう?
言葉では「あーだこーだ」言えるけど(わかる人はね)、感覚的にわからん。
オブジェなんかは勝手に想像できるんだけど( ̄▽ ̄;A

印象に残っているのは『多機能な女性』『27メートル』
『多機能な女性』
まず会場に入ると赤い2×2メートルくらいのソファー(?)が置いてある。
ベロア生地で高級そう。
そこに見に来た人が寝っ転がって耳を押し当てている。
ソファーにはいくつもの穴があったので音が聞こえるんだろうと予想していたが、思っていたより深い。
音楽でも聴こえるんだろうと思っていたがそこから聴こえるのは女性の喘ぎ声。
それもたくさんの人の声がそれぞれの穴から聴こえてくる。
ベッドの記憶?
何人かのお客がみんなで耳押し当ててる様子は面白かったです。


『27メートル』
これもサウンドインスタレーション
U字型の3本のレーン(色ガムテープでレーンを作ったもの)の上をヘッドフォンを聴きながら歩くというもの。
周りは真っ白な壁。
ヘッドフォンからは散歩の様子と周りの景色の話。
頭働かせて想像する。
ずっと聴いていたかったですが、すぐ終わっちゃったσ(TεT;)残念。

こういった体験型の芸術は体験している人を見るのも十分面白い。
楽しめました。

ただ、体がぐったりしてたんで最後の映像なんかは寝ちゃってました。
限界で…

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。