スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ソドムの市】

  • 2005/08/07(日) 14:43:11

B0007N37HI<ホラー番長シリーズ> ソドムの市
浦井崇 高橋洋 小嶺麗奈

ジェネオン エンタテインメント 2005-04-02
売り上げランキング : 29,244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【リング】【女優霊】の脚本を手がけた高橋洋監督の作品

ストーリー
破壊的人間の血をひく俎渡海(ソドム)家の子孫・市郎(浦井崇)が、“ソドムの市”なる極悪人へと変貌。18世紀の呪いを継ぐ妹・キャサリン(宮田亜紀)らソドム一味と共に、世界を混乱と狂乱にたたき落とす。

いきなり見ることはお薦めしませんな。
半分と持たないでしょう。
多分、高橋洋氏の『映画の魔』を読んでからがいいのではないでしょうかね。
実験的映画のようなので。
何がしたいのかわかるよう、なんで。
(ワタシは今読んでる途中。難しいけど面白い「塩田明彦」について書いてるとことか(笑))
カエル氏は「よかった」言ってましたね。(「映画の魔」)

ワタシは読む前に見たんでねぇ………ふふふ…
でも、関係ない通行人が警察(?)にバッタバッタ打たれるとこはねぇ
嫌悪感はあるけど「あ~」と納得。(何に?)

「悪」を描きたいのだそうで。
存在しているだけで迷惑な。
確かに主人公は哀れではあるが迷惑だな。
勘違いしてバッタバッタ人殺すし…

ガッツリ映画を見ている人間ではないのではっきりとはわかりませんよ、ワタシには。
でも、なんとなくわね。
あ、どこかでみた。あ、こんなん知ってる。みたいなシーンがちらほら。
こういうのやりたかったのかなぁ…と。

しかしこれを500万で撮ったって…安い。
フィルム代プラスちょっとじゃん。
美術代てどうなってんだろ。
このように超低予算なんで自主映画です。そんなノリで。


でもまぁ、ホラー嫌いでリングも女優霊もみてねーからわかんね( ´ー`)
予備知識なくしてみたら、学生映画見たいなのりでついていけん感じ。





最後に一つ。
「ソドムの市」の「市」は「座頭市」からきてるんだとか(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。